BLOG
ニチイ君

新型コロナウイルス対策として、職員さんの朝夕の検温やパーテーションを用いた感染予防の間仕切り、

ソファーの適切な感覚での着座、消毒のこまめな実施など基準を満たしていると認定されます。

可愛いキャラクター ニチイ君です。

 

 

当院は換気を随時行ってますので、暖房をつけていても院内が寒くなっております。

暖かい服装にてご来院をお願い致します。

冬の寒さが本番になってきましたので、体調管理にご注意ください。

2020年12月01日
睡眠時無呼吸

睡眠中に、いびきがすごい、呼吸が止まっていると言われたことがある方。

昼間の眠気があったり、起きた時に頭痛がある方。睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

 

 

簡易の睡眠時無呼吸検査が可能となりました。

装着は簡単です。自宅で装着し、一晩ゆっくり寝るだけです。

1週間ほど解析に時間をいただきますが、睡眠中に何回呼吸が止まっているかの評価ができます。

2020年11月28日
クリスマスツリー

今年もだいぶ寒くなってきました。

クリニックの中が明るくなるように、クリスマスツリーを飾りました。

 

 

風除室に飾ってます。

 

 

冬は、暖かい光のイルミネーションを見ていると、心が癒されます。

 

 

こちらは、待合室に飾ってます。

みなさん体調を崩さないように、ご自愛下さい。胃腸炎と風邪が流行っています。

2020年11月22日
世界糖尿病デー 2020年11月14日

本日、11月14日は世界糖尿病デーです。色んな所が青くライトアップされます。

当院は太宰府市五条にありますが、当院の近くでは太宰府天満宮が青くライトアップされてました。幻想的です。

 

 

糖尿病の予防には、散歩や軽い筋力トレーニングであるレジスタンス運動による筋力アップが大事です。

2020年の標語は、筋肉量 コツコツ積み上げ 健康寿命をのばそうです。

当院では簡易的に筋肉量を測定できるインボディがあります。

インボディは、無料で測定が出来ますので、ご希望される方は申し出てください。

 

 

また、梅が枝餅を包んでいる紙にも世界糖尿病デーと記載がありました。

世界糖尿病デーには、糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動がなされています。

血糖値が高くお困りの方は、当院に遠慮なくご相談ください。

2020年11月14日
ダンベルとケトルベル

自宅トレーニングがブームになっている今日この頃です。

これはクリニックに置いている、私のダンベルとケトルベルです。

ケトルベルは、取っ手がついている方です。

 

 

 

運動は、中性脂肪と血糖値を下げてくれます。運動を継続すると、動脈硬化の予防に効果的です。

これから寒くなりますが、みなさん筋トレで暖まりましょう。

2020年11月05日
竈門神社

以前宝満山に登山したときに、竈門神社に参拝したのを思い出しました。

竈門神社は、鬼滅の刃で人気になっている神社です。

 

 

 

 

竈門神社は、縁結びの神様だそうです。

 

 

竈門神社の近くのバス停から、クリニックまでバスで帰りました。

クリニックといきいき情報プラザの前がバスの停留所になってます。

クリニックにお越しの際はバスが便利です。

分かりにくいですがクリニックの裏に、無料の駐車場が18台ありますので、ぜひ車でもご来院下さい。

 

 

 

2020年11月04日
えぐち内科の看板

五条駅の入り口にある看板です。クリニックへの道しるべになってます。

 

 

私の似顔絵が入ってます。

他の場所にも設置していますので、お散歩中に見つかるかもしれませんね。

2020年10月31日
24時間の血糖がわかる血糖測定器 リブレ

24時間の血糖値がわかる、血糖測定器を導入しました。

フリースタイルリブレと言います。

 

 

 

肩にセンサーを装着します。小さい針がありますが、痛みは少ないです。

 

 

 

後は、かざすだけです。

 

センサーは、14日間装着可能です。

24時間の血糖値がわかりますので、寝ている間の知らない低血糖などがわかります。

また、食前の血糖値の測定だけでは、なかなかHbA1cが改善しない方にもおすすめです。

指先の測定も併せて行うと、効果的です。

2020年10月27日

西鉄五条駅前の樹々が色づいてきました。

 

 

秋ですね。少し肌寒くなってきましたので、体調管理には気を付けましょう。

2020年10月27日
インボディ

当院には、体の中の筋肉や脂肪のバランスがわかるInbody(インボディ)があります。

健康診断で、中性脂肪や血糖値が高い方にお勧めします。

身体の筋肉量が少ないと中性脂肪や血糖値が上がりやすくなります。

 

筋肉や脂肪が、両手、両足、おなかのどこについていて、筋肉量や脂肪量が多いか少ないか一目瞭然です。

脂肪量が多いところを中心に、エクササイズしましょう。

 

 

体重が減ったり、手足の筋力が弱くなり、手足の細い方にもお勧めします。

年齢が上がってきて筋肉量が低下し、体脂肪が多い方はサルコペニアと言われます。

特に、高齢者で筋肉が少なっている方は、転倒し骨折しやすいと言われてます。

また、体脂肪が多い方は、血糖の上昇や中性脂肪の上昇により、心筋梗塞や脳梗塞を合併しやすいと報告されております。

インボディで筋肉量を測定し、筋肉量が少なければ食事でたんぱく質量を多めに摂取し、散歩や軽い筋力トレーニングをお勧めします。

 

当院を受診される方は、どなたでも無料でインボディの測定が出来ます。ご希望される方は遠慮なく申し出てください。

 

2020年10月26日